感染症と乳酸菌

WHOの提言により予防医学が感染症対策として近年注目を集めています。その中でも副作用のない予防方法として、乳酸菌の摂取が非常に効果的である事が様々な研究から実証されつつあります。これは乳酸菌により腸内細菌叢を整えて病原菌の侵入を防ぐことや、腸にある免疫細胞を刺激することで、病原体の体内への侵入に対し素早く免疫細胞が応答し、病原体を排除するためと考えられています。

さらに乳酸菌製剤が、抗生剤を使用することができない腸管出血性大腸菌の予防、治療に有用であるという研究報告が増えつつあります。数ある乳酸菌の中でも乳酸菌エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌は特に免疫を高める働きが強いことがわかっています。

致死量の病原性カンジダ菌やヘルペスウィルス、緑膿菌をそれぞれマウスに感染させた実験では、FK-23菌の投与により致死率の大幅な改善が認められました。また最近ではFK-23菌によるインフルエンザウィルス(H1N1型)に対する致死率の改善、ウィルスによる肺炎の抑制をはじめとした予防効果がマウスによる実験で証明されています。これらの実験結果から様々な感染症に対する防御の手段として、FK-23菌に注目が集まっています。

腸内細菌とFK−23

生きたビフィズス菌や乳酸菌を含む飲料を飲んだり、ヨーグルトなどの乳製品を食べると、腸内環境を整えて健康に役立つ、というのは間違いではありません。

しかし、意外に効果が少ないのです。それは、ビフィズス菌や乳酸菌は酸に弱く、腸に届く前に胃液の中でほとんど死滅してしまうからです。

現在では、胃液や胆汁の酸で死滅させないで、腸の中にビフィズス菌や乳酸菌を送り込む研究が進んでいます。しかし、腸にたどりつけたとしても十分に増殖するのは難しいことには変わりありません。

そこで、乳酸菌エンテロコッカスフェカリスFK−23という乳酸菌をご紹介します。乳酸菌FK−23を特殊加工をすることにより、乳酸菌の菌体内成分が他の善玉菌のエサとなり、著しく腸内の善玉菌を増殖させるということが研究により分かったのです。

ビフィドバクテリウム、エンテロコッカスは100倍以上、ラクトバチルスは1,000倍以上の増殖作用が見られました。O-157・赤痢菌などの食中毒菌の抑制や便秘などの改善に期待ができるでしょう。

定価81.000円(税込)

インフルエンザ感染症について

感染症とは病原性のウィルスや細菌、カビなどが体内に入り病気を引き起こすことを言います。ケガによる傷口はもちろん、皮膚のようなバリアがない呼吸器、消化器、泌尿器などの粘膜から、原因となる病原菌が入ってきます。

また、皮膚や粘膜に普段から住み着いているカンジダ菌(カビの一種)は、免疫力の低下などの原因で異常に増殖し、体に悪影響を及ぼすこともあります。医学の歴史は感染症との闘いの歴史とも言えます。生まれてから一度も感染症にかかったことのない人はいないほど私達にとって身近な病気です。

日本や欧米を始めとした先進国では医療の発達や衛生環境の整備により、感染症で亡くなる人は年々減少しています。しかし、AIDS、エボラ出血熱、SARSなど新興感染症と言われる新しい感染症や、O157やO111といった腸管出血性大腸菌による食中毒は、現在でも死に至る非常に恐ろしい感染症です。

また、冬になると流行するインフルエンザも発症率を減らすことさえ未だに容易ではありません。実際に平成21年度では全国で約2100万人がインフルエンザに罹っています。これは国民の約6人に1人が1シーズンで1度は罹患している計算になります。(国立感染症研究所による統計)

腸内細菌が乱れると…

健康な人の腸内には、善玉菌が多く存在し、健康でない人は悪玉菌が多いことが様々な研究において明らかになっています。健康な人は腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれているのです。

老化やストレス、抗生物質・免疫抑制剤・抗癌剤・副腎皮質ホルモンの投与などによって、身体の抵抗力が低下したときなどに悪玉菌が増加してこのバランスが崩れることがあります。バランスが崩れると悪玉菌がつくる有害物質の量が増えたり、病原性のある常在菌や外からの病原菌が臓器に侵入して病原性を発揮し、日和見感染、膀胱炎、腎炎、髄膜炎、肝膿瘍、脳膿瘍、腹膜炎、肺血症など様々な病気を引き起こす原因になります。

腸内細菌の乱れがあるときには、乳酸菌のような善玉菌を摂取することで、腸内のバランスを良くしてあげなければなりません。健康で長生きするためには、腸内のバランスを整えることが重要なのです

この冬のインフルエンザ対策
通常の生菌よりも免疫力を3倍に高める濃縮乳酸菌
濃縮乳酸菌 フェカリス菌FK−23
   乳酸菌「FK−23」の共同研究でウイルスを撃退する能力が期待できることを学会で発表

製薬会社と北海道大学・人獣共通感染症リサーチセンターとの共同研究で、乳酸菌「FK−23」のインフルエンザ感染にに対する働きを研究。
マウス実験で、
乳酸菌「FK−23」を与えた群れと、与えない対照群で、インフルエンザ感染後の生存率を観察。その結果、乳酸菌「FK−23」を与えた群れの生存率が高い事が明らかになりました。
肺は通常、酸素と二酸化炭素のガス交換をおこなうため
空気の通り道としてスポンジのように隙間の多い状態になっています。ところが、ウイルスに感染により肺に大量の炎症性細胞が流入し、空気の通り道を塞ぎます。
ウイルス感染症が起こると,生体はウイルスを排除しょうとするため、肺に炎症性細胞を送り込む。これは通常の免疫反応で、過剰に免疫細胞が集まると、空気の通り道を塞いで、呼吸器不全を起こして死んでしまいます。

定価43.200円(税込)
定価24.840円(税込)
定価10.800円(税込)
1箱 81.000円税込価格
数量
3箱セット 240.516円税込価格
数量
6箱セッ 476.280円税込価格
数量
1箱 43.200円税込価格
数量
3箱セット 125.604円税込価格
数量
6箱セッ 246.240円税込価格
数量
1箱  24.840円税込価格
数量
3箱セット  72.144円税込価格
数量

6箱セッ  141.588円税込価格
数量
1箱 10.800円税込価格
数量
3箱セット 31.428円税込価格  
数量
6箱セット 61.560円税込価格
数量

乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23は、整腸作用だけでなく、60兆個の細胞を活性化して、白血球を高める機能食品です。
他の乳酸菌と比べて「免疫力」を高める力が強く、そのことが証明でき、11件の医療用途特許を取得致しました。


プロテサンの主成分は、長寿の家系だけに棲んいる菌を培養し、特殊な技法によって、高熱処理して死菌体の健康食品です。死菌体にする事によって、腸から体内に吸収されやすくなり、直接に免疫細胞の餌になり、そのことによって、休眠中の免疫細胞が目を覚まし、自然治癒力や免疫力を高めてくれます。プロテサンは、クスリではできない働きをしてくれます。

特許内容は、薬事法等の関係より取得特許番号のみの表示となります。詳しい事は、特許庁ホームページでご確認ください。

   第3040711号  第2712000号  第2969017号   第3040699号
   第3272023号  第5451703号 第4326905号  第2889481号 
   第2889491号  第3040744号  第2944662号


乳酸菌による健康効果を期待するなら毎日1日1兆個の摂取が必要です

通常市販のヨーグルトは、100mlあたり約100億個の乳酸菌が含まれ、多く菌数を摂る為には、何リットルものヨーグルトを摂らなくてはなりません。
毎日数リットルのヨーグルトというのは、かなり大変な量で、金銭的にも大変ですし、逆に胃を壊したり体を冷やしてしまいます。プロテサンRでしたら、1包で1兆個の菌数で、1日248円で健康維持ができます。

プロテサンは、1mmの1000分の1ほどの大きさのごく小さな乳酸球菌「FK−23菌」。この小さな乳酸菌が健康り「種」となるように開発され濃縮乳酸菌食品が「プロテサン」なのです。乳酸菌の小さな種をまきをして頂、「健康」という大きな収穫を得てください
特定商取引法に基づく表記
インフルエンザ・感染症予防・除菌
遠赤外線
ほかほかマット
腰痛改善に
高反発マットレス
家庭で温泉浴ができる岩盤浴マットレス
体の芯からぽかぽかになる遠赤ドーム
花粉症サプリメント
高分子コラーゲン
癌治療効果を高める食事
「希望の光」善玉ホルモン
癌と宣告を言われたら
血の巡りをよくするアシタバ
美肌コラーゲン
家庭で作れるミ ネラル水
膝・腰痛改善に喜ばれいるコラーゲン
美肌サプリ・プロテサンスリーム
妊婦のダイエット