カード決済の場合は、佐川急便発送になり、品物受け取り時に決済してください
購入前にご相談ください。w-kyotomura@gaia.eonet.ne.jp
膝・関節痛の25年以上のロングラー改善予防食品
●自然に近い高分子コラーゲン
 煮こごりでもわかる通り、自然のコラーゲンはゼリーになる性 質があります。「エス・ワン・エス」は自然に近い高分子コラーゲンを使用していますのでゼリーができます。
●ドクターズブランド
「エス・ワン・エス」は大阪医科大学の元学長、山中太木医学 博士および榎木義祐博士による長年の研究の末に開発されまし た。
●コラーゲン商品のパイオニア
 「エス・ワン・エス」は1990年から販売されています。長年の実績が認められて、日本臨床抗老化医学会の認定を受けています。
●安全な豚皮を使用
 「エス・ワン・エス」のコラーゲンはアミノ酸組成が人間に近い豚の皮を使用しています。豚皮は医療用にも広く使われいる安全なコラーゲンです。
●厳選された副材料
 コラーゲンがより効果的に補給できるように無臭ニンニクエキス・ビタミンC・食物繊維・オリゴ糖を配合しています。
特定商取引法に基づく表記
16種の乳酸菌と24種の酵母配合エキス 糖尿病改善サプリ
180種類の使い道・生活習慣が変わるカルマックス
心筋梗塞・脳梗塞・生活習慣病予防 TOP
インフルエンザ・感染予防・除菌器
遠赤外線ほかほかマット
腰痛の改善に高反発マットレス
家庭で温泉浴ができる岩盤浴マットレス
体の芯からぽかぽかになる遠赤ドーム
花粉症サプリメント
インフルエンザ対策
高分子コラーゲン
癌治療効果を高める食事
「希望の光」善玉ホルモン
癌になった根源は
癌再発予防食アシタバ
お腹の中から美肌を作り出すチサホワイト−
健康に良いミ ネラル水が家庭で作れる
膝・腰痛改善に喜ばれいるコラーゲン
美肌サプリ・プロテサンスリーム
妊婦のダイエット
ようこそワールド京都健康村へ
高分子コラーゲン
600グラム  約60日分
定価7600円税別
数量
ウイルス・細菌・癌にも負けない高分子コラーゲンマウスを使った癌の研究で、通常のマウスに癌細胞を移植しますとわずか2週間で全滅しました。
癌を植え付ける前に、コラーゲンを与えたマウスは、83%が生存し、再び癌細胞を植え付けても発症しないことが分りました。
動脈硬化が心配

血管は、コラーゲンからできたチューブです。
人は血管ともに老化しています。
髪がパサパサ

髪と真皮のことを、木と土壌に例えることができます。
栄養分がしっかりした土壌(コラーゲン)でないと、木(髪)は育ちません。
歩くのがつらい

関節の関節軟骨の50%は、コラーゲンでできています。
関節軟骨が擦り減って起きるのが、関節痛です。
じん帯や腱なども90%とコラーゲンできています。
骨粗しょう症が心配

カルシュムの栄養の補給だけでは、骨粗しょう症は、治りません。コラーゲンを補うことで、骨が硬く、柔軟性を持った骨になります。
最近、近くが見づらい

正確に見えるのは、コラーゲンのおかげです。眼のほとんどかコラーゲンでてきています。
新しいコラーゲンを積極的に摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替わりのて、細胞が活性化して、身体の各部の機能が目覚めて健康になってきます
シミやシワ目立ってきた

肌を支えている真皮の70%がコラーゲンコラーゲンで、肌の柔軟性や弾力やうるおいが保たれています。
私たちのカラダの中で一番多い成分は水分(6070%)で、その次に多いのがタンパク質(1520%)です。そのタンパク質の3分のTがコラーゲンなのです。体重50キロの女性ですと、約3キロのコラーゲンを持っていることになります。コラーゲンはカラダのあらゆる所に含まれており、細胞と細胞をつなぐとともに、カラダの土台を作っているのです。しかし、体内のコラーゲンは加齢とともにどんどん減少していきます。それにともない、シワ、たるみなどの肌の衰えや関節痛、骨密度の低下などの老化現象が起こってしまいます。
90歳まで元気に生きる為には、骨・関節・血管・筋・内臓・脳・肌・全部のコラーゲンが関わっています。コラーゲンは、20歳をピークに徐々に衰えはじめ、40歳を過ぎると急速に衰え、体の各部に支障が起きてきますので、新しいコラーゲンを積極的に摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替わりのて、細胞が活性化して、身体の各部の機能が目覚めて健康になってきます
栄養は、カラダ中の血管を通して、60兆個の細胞に運ばれますが、直接細胞に届くのでなく、コラーゲンを通して運ばれます。 つまり、コラーゲンは栄養の「通り道」になり、コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズ届かなくなり、老廃物が滞るために、老化が早くなり、がんなどの病気の原因にもなります。
コラーゲンをしっかり摂取しますと、身体の流れがよくなり、カラダのいろんな所が目覚めてきます。
コラーゲンは、20歳をピークにして減少し始め、40歳頃から急激に減り、60歳では約半分になり、老化してかたくなります。
コラーゲンが老化することは、細胞も老化します。
新しいコラーゲンを積極的に摂れば、古いコラーゲンと入れ替わり、代謝がよくなり、細胞が活性化して元気になります。