術後に医者が薦める明日葉

明日葉が古くから親しまれている植物の理由として、普通の植物にはあまりないビタミンB12を豊富に含んでいます。
また、葉緑素、食物繊維、カロテン、ビタミンB、カリウム、ナトリウム、リン等は他の野菜と比べてもトップクラスの含有量ですが、注目すべきはバランスの良さ!他にもビタミン・ミネラルなど実に20種類もの成分が含まれてます。明日葉には、豊富なミネラル・ナトリウムは人参の3倍・食物繊維はさつま芋の2.4倍・レチノールは柿の13倍・β-カロチンブロッコリーの8.4倍

   がんが進行するにつれ体重減少するのは

その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。がんの進行によってどのような変化が起きるのか、がん細胞はどのように増殖するのかを知り、摂取すべき栄養を知ることが大切です。
がんはこうして栄養を確保していますがん細胞は正常な細胞と違って、無制限に成長を続けます。そのため、大量の栄養を必要とします。そのエネルギーを確保するために、がん細胞は炎症性サイトカインという物質を出します。この物質は、炎症など緊急に対処しないといけない事態が、体内で発症したことを知らせるタンパク質の総称です。体内に緊急事態が起きサイトカインが分泌されると、傷を修復するために血液が呼び集められます。このシステムを利用してがん細胞は自分のところに血液を集め、その血液から増殖に必要な栄養を取り込みます。
がんの進行による代謝の変化がんが進行すると、食べているのに痩せるという現象が起こることがあります。これは代謝性の変化が起きて、摂取した栄養が本来使われるべき器官で活用されない状態になっているからです。

がん細胞が増殖を続けると、体力維持や免疫力維持に使うべき栄養の不足が起こります。高カロリー、高タンパクの食事を心がけ、治療効果が十分得られるだけの体力を維持することが大切です。

癌の再発や転移を抑える濃縮乳酸菌
ようこそワールド京都健村へ
       西洋治療法

西洋治療法は、目視で確認できるくらいの大きながん細胞は切り取って除去し、目に見えないガン細胞は術後に攻撃して殺すという手法です。ただし、放射線も抗がん剤も、ガン細胞だけでなく、正常な細胞も一緒に殺してしまっています。つまり、免疫力の備わっている人の場合、新しい正常な細胞が出来ていきますから、最終的にガンは退治できますが、免疫力が衰えている人の場合は、どんどん弱っていくだけです。西洋医学治療が間違っているのではありません。そういった治療を行いながらも、自己治癒力を向上させておく必要があるのです。
病気は医者が治してくれるものだと思っていませんか?医者には病気は治せません。医者は決して魔法使いではありません。医者は病気を治すための身体環境を整えてくれているに過ぎません。病気は自分自身で治すものです。健康であり続けたいのなら、自分で自然治癒力を高める必要があるのです。

西洋医学では、過去のデータに基づいた正常値の範囲が決まっていて、検査の値がその範囲内であれば正常と判断され、範囲を超えていれば病名がつけられて治療が開始します。

だから、患者がどんなに体調不良を訴えても、「検査の数値に異常がないので大丈夫でしょう。」と診察が終了します。東洋医学ではこれを未病と言い、病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態を指し示す言葉ですが、病気のサインかもしれない重要な段階であると捉えています。東洋医学では、どんな人にも当てはまるような「正常値」という考え方はそもそもありません。身体はすべてつながっているので、ある部分だけに問題が生じるわけはないからです。たとえば肝臓が悪いからといって、いくら肝臓を保護しても、肝臓に入ってくる血液が汚ければ肝臓は良くなりません。その汚い血液は腎臓や心臓をはじめ全身の細胞に巡っているのです。
 人間には自然治癒力が備わっています

人間の身体には、免疫機能が備わっています。環境の変化に対応して、体温、血圧、水分のバランスなど、体内の内部環境は一定に保たれているように、体内に何か異常が起きると、それを修復するような反応が起きています。人間の身体はおよそ60兆個の細胞で出来上がっていますが、常に細胞は生まれ変わり、3カ月のサイクルですべて新しい細胞に生まれ変わっています。あらゆる病気は細胞の生まれ変わりが上手くいっていないと考えることができるわけです。ガン細胞は健康な人でも発生していると言われていますが、自然治癒力(修復システム)があるから、これを退治してくれているわけです。この修復システムがきちんと働かないから、がん細胞は増殖をするのです。ガンが高齢者に多くみられるのは、高齢になると一般的に免疫力が落ちてくるからです。40代や50代でも不摂生を続けていると免疫力が落ちます。すべての病気は、もともと人間に備わっている「自分で治す力」が何らかの原因によって阻害されたから生じたということです
プロテサンの主成分FK−23菌濃縮乳酸菌は、眠っている機能を目覚めさせ、免疫力や自然治癒力を高め、癌特有の免疫力を無力化する「免疫抑制細胞」を抑えてくれます
      筋肉強化は、癌の特効薬

筋肉を鍛えると免疫作用が強化され、肺炎、腎臓疾患、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、敗血症の予防に絶大な効果があります。
年を取るにつれ筋肉の衰え、握力が低下してきます。
筋肉は、病気になった時に、免疫細胞を活性化してくれる特効薬のようなものです。
病気になるとそれまで運動のためだけに使用されていた筋肉が分解し、グルタミンという物質を放出し、それが免疫細胞のリンパ球を活性化させ細菌やがん細胞を食べてくれます。

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少し、筋肉が衰えて行きます。

その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。がんの進行によってどのような変化が起きるのか、がん細胞はどのように増殖するのかを知り、筋肉強化や摂取すべき栄養を知ることが大切です。

     癌細胞を滅ぼすクエン酸

ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これでガンは消えて行きます。

クエン酸水の作り方
日本の伝統食材である穀物・野菜・海藻・小魚・味噌などを摂りますと、善玉菌が生き生きとなり免疫力や治癒力が高まります。
  医師の治療をさまたげない理想の「FK−23菌」

癌治療の中心は、抗がん剤治療で、完全治療がのぞめないりは全がん患者の数パーセントに留まっており、抗癌剤治療は、わずかな延命効果と症状の改善しか期待できはません。
がんは血液の汚れが大きな原因です。血液は腸で造られるが明確になっておりますが、その腸管造血とそれによる腸管免疫によって、がん体質を改善することが明らかになって居ます。

善玉菌を増強して腸をきれいにして血液を浄化するために、この3兆個濃縮乳酸菌生産物質が良い方法で、「FK-.23菌」の最大の特長は、免疫機能を高める働きが非常にすぐれています。
免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものですから、さまざまな病気に効果が期待できます。
たとえば抗ガン剤治療をする場合「FK-.23菌」のサプリメントを食べていれば、その効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。

断食のような少食で、宿便を出して腸内を一掃する事から始めないと、ガンは治りません。

抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態は、ボロボロで、毒性で全身の血液細胞がやられてしまいます。
これがさらに新たなガン細胞を作る血液となりますから、いくらガン組織を破壊しも、小さくしても、全く意味がなく、再発や転移を繰り返すことになります。

ガンはガンから生まれるのでなく、腸と血の汚染からで、根本的な原因を絶つ事は、自分でしかできません。
血液は腸で作られ、血液が細胞になるとなれば、浄血で重要なのは、腸内の浄化と食事を改める事です。
ガン患者の腸は、猛烈に汚れています。宿便が膨大に溜まって汚染血液が生じているのです。
これがガンの根本的な発生源
であり、ガンはガンから生まれるのではなく、汚染された腸から、汚染された血液になり、ガン細胞へとなるのです

         癌の発症の原因は

食生活や生活の乱れから血液が汚れて、癌を作らなければならない体になった為に、癌が発症します。
癌の正体は、「血液の汚れを浄化するための浄血装置」になってくれています。


血液が汚れたままで、ガン腫を作ってくれなかったら、もっと早くに、死んでいることになります。
ガン腫ができたお蔭で、生き延びることができているのです。
以前には、敗血症という病気で死ぬ人がたくさんいました。これは言わば、血が腐る病気です 。
この病気は、まず腸の中で異常発酵が起こって、毒素や老廃物がたくさんでき、それが血液の中に入ると、血液中に細菌が大繁殖して、血液はどんどん腐ってしまうのです。
血液を綺麗にしない限り、切除しても別のところにできてしまう病気です。
癌も同じことで、左の乳房にできたガン腫を切り取っても、その人の血液が汚れている限り、必ず今度は右の乳房やその他のところにこの浄血装置ができてきます。それを切り取れば、また別のところにガン腫ができます。

  濃縮乳酸菌で抗ガン剤の苦しみから解放   

5
年ほど前のことですが、腹部が苦しく、尿が出なくなってしまったので、泌尿器科の医師に相談、婦人科を紹介され、卵巣腫瘍と診断されました。
子宮ガン検診を毎年受けていただけにショックでしだ,しかも、最初の手術では、 開腹したものの腫瘍の癒着が見られ、溜まった腹水を取り除くだけで。結局・胸の部分から管を通して腹部に抗がん剤を注入。その後の再手術で子宮と卵巣を全摘出しました。それでも治療は終わらず、手術した後もひと月おきに入院を繰り返していました。
吐き気がし、食事もできずに苦しんでいたところ、同じ病室にいた人に「FK―23菌」を敦えてもらいました。彼女も子宮がんで同じ治療をしていたのですが、彼女の場合、前回と違って、顔色も良く、比較的に元気そうに見えたんです,それで、私も食べるようになったのです。とにかく抗ガン剤治療のつらさから逃げたかったのです。
しばらくたちますと、  吐き気がなり、食欲が出て、みるみるうちに顔色もよくなっていきました。それから1年半ほどしてから「今後も抗がん剤治療は必要ですか」と主治医に相談しました。
CTスキャンなど、複数の検査をしていただき、その結果「全く異常がないので抗ガン剤治療を休んでみましょうと言って頂き、苦しい治療から解放されたのです。嬉しかったです。
その後の検査のスパンは、以前は週1回、それが半年にI回になりました。8年あまり経ちましたが一緒に入院していた人、その多くが亡くなってしまいましたが、私と「Fk−23菌」を教えてくださった方だけが元気で、本当に「命を救われた」と感謝の毎目です。 

プロテサンの特徴は、現代病を蝕む死の4重奏(癌・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病)から救う食品です
私たちの身体のさまざまな臓器,器官は、必要とする酸素や栄養素を血液から供給されています。しかし、その血液の通り道である血管の内腔が狭小化したり、血管壁の弾力性が失われたりする動脈硬が発症すると、身体各部位の機能は低下し、やがで私たちは死に至ります

動脈硬化を発症さぜる病態とて近年注目されているのが、現代の日本人を蝕む"死の四重奏と呼ばれる、高血圧・高脂血症,糖尿病・肥溝です。死の四重奏を発見・治療するためには、食生活の改善、適度な運動がたいせつとなります。
長年の生活習慣は、一朝一タで変えられるものではありませんし、一度血管に付着したコレステロールの塊や血栓は、内服治療を続けてもすぐには消失してくれません。
難治性の高血圧や動脈硬化症の方は、生活習慣改善の手段として濃縮乳酸菌FK−23菌をお勧めします。

     FK−23 菌の効果は

FK−23菌は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質に対する理想的な作用を発揮します。
白血球の中の数%を占める単球マクロファージの働きを高めて、血管壁に付着したコレステロールの塊を直接減少させる効果が実証されています。

1.動脈硬化を消失させ、老化を予防する。
2.腸管免疫を活性し、ガン細胞やウィルスを死滅させる。
3.腸内細菌叢を改善させて毒素を排出、腸内環境を整えて栄養素の吸収を高める。
4.ガン剤治療をする場合、効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができる。「主治医の治療を妨げない」ことも強調したいポイントです。
5.副作用がほとんどありません。

動脈硬 に対してだけでなく、腸内細菌叢を改善し、体内に蓄積した有害物質を排出、腸管免疫を活性化できるので、ガンの予防・縮小に期待できます
高分子コラーゲンで
     末期の下咽頭癌克服
健康になる為には、NK細胞が低下した分を補う必要があります
食べ物は、薬ではありませんが、丁寧に食事をすることによって、体は3カ月で変えることができます。
プロテサンB100包

  
定価10.800円(税込)

数量
プロテサンR100包

  
定価24.840円(税込)


プロテサンG100包

  定価43.200(税込)

数量
プロテサンS100包

 定価81.000円(税込)

数量
プロテサンB45包

  
定価4.860円(税込)

数量
プロテサンR45包

  
定価11.178円(税込)

数量
プロテサンG45包

  
定価19.440円(税込)

数量
プロテサンS45包

  
定価36.460円(税込)

数量
数量

高分子コラーゲンゼリーの作り方

@1日3食分のマグカップを3個準備して頂き、FK−23濃縮乳酸菌やコーヒ、お好みの野菜やみかん、りんごなどのジュースを入れて、電子レンジで温めます。プロテサンR1包は、3等分にして入れてください

A温めたコーヒーやジュースにプロテサンや高分子コラーゲを5gずつマグカップにいれて、よくかき混ぜて溶かし、冷蔵庫にいれて約2時間待てば完成です。お砂糖は使わないようにして、糖分は抑えてください。

キャベツは非常に強い殺菌力を持っており、特にがん細胞や風邪の原因となるウィルスに威力を発揮してくれます。世界でもトップクラスであるアメリカのがん研究所では、キャベツはがんを予防する効果が高い食品だ言われています。

■強い抗酸化作用で身体のサビつきを防ぐ
キャベツに含まれているビタミンCには、強力な抗酸化作用があります。

私たちの老化の原因は、活性酸素などによって身体がサビつくことです。血管内にサビつきが起こると動脈硬化が進行し、脳や心臓の血管が詰まれば病気が起こりやすくなります。さらに、血管だけでなく遺伝子にまで酸化が及ぶと、細胞ががん化するリスクも高まると言われています。

キャベツのどんな成分が効いているの?

キャベツの抗酸化力は、ブロッコリーやアスパラガスにも並び、野菜の中でもトップクラス。特に若くて巻きが緩く、涼しい北の地域で採れたキャベツに強い作用があると言われています。キャベツにこれだけの抗酸化作用があるのは、ビタミンC以外にも辛み成分イソチオシアネートが含まれていることも考えられています。このイソチオシアネートは、イオウ化合物の一種で、他にもニンニクの香りの成分であるアリシンなどもあげられます。がんをはじめ、心臓病を予防する働きのあるのが多いのが特徴です

ガンが弱っていくビタミンC


ガン細胞は糖分が好きです。ブドウ糖でもオリゴ糖でも果糖でも、糖分であればなんでも大好きで、バカバカ食べてしまいます。糖分を摂らずにいたら、ガン細胞は腹ペコになります。腹ペコになったところにびたみんCがやってきますと、糖成分と間違って、ガン細胞が食べてしまいのです。ガン細胞がビタミンCを食べますと,ガン細胞にとって毒性のデヒドロアスコルビン酸なとせの中間代謝物ができ、ガン細胞が弱ってゆきます。その一方で、正常な細胞にたいして抗酸化物質を排除し、細胞を元気にしてくれます


免疫力を高め、がんを予防するキャベツ

キャベツの一番の効能とも言えるのが、免疫力を高める作用です。免疫力が高まることによって風邪の原因となるウィルスが体内に侵入することを防いだり、がん細胞の増殖を抑えるとされています。

ガンの再発や転移を予防する為に、塩分や脂肪の摂取を制限して、緑黄色野菜のジュースを飲みましょう。
一日の塩分摂取量は、5〜8g。 脂肪は、50g。

緑黄色野菜には、抗ガン作用の強い、β―カロチン、α―カロチン、リコピン、ルテインなどの成分が豊富で、ガンの嫌いな栄養が豊富に含まれているニンジンが最適です。ガン細胞の好きな栄養は、糖分・塩分・脂肪です。

ニンジンジュースは、ガン予防ならば、一日一杯飲むようにしましょう。

ニンジン中心に旬の野菜を加えてジュースを作れば、さらに効果が期待できます。

●ニンジンジュースの作り方
ジューサーを使って約300mlを作る場合
材料
@ ニンジン 3〜4本
A レモン 2分の1個
B リンゴ 4分の1〜2分の1

作り方
@ 材料をよく洗って、皮をむき、適当な大きさに切る。
A ジューサーに、ニンジン→レモン→リンゴの順に入れていく。
B ジュースができたら、かき混ぜてすぐに飲む。
家庭で岩盤浴ができる敷きパット
太陽光線の中に、6〜14μの生育光線と呼ばれる波長帯の遠赤外線があり、その生育光線は、人間や植物、生物にとっては、生きるために大切な光線です。
体の60%〜70%が血液や水分で、その生育光線を受けますと、血液や水分が共鳴振動を起こし、分子化され、 その時の擦熱によって、体の芯から温まります。天気の良い日と雨の日の体調か違いは、この生育光線量の違いによるものです。このパットを使用しますと、寝ている間に、血行促進・免疫向上・代謝の促進を手助けし、安眠できます
睡眠中にできる癌温熱療法
体温が1度上がれば免疫力は5〜6倍に!

体温はどんな役割を果たし、また冷えは身体にどう影響するのでしょうか。「人間の身体は本来、体温36度5分以上で正常に働くようにできています。体温が1度下がると、エネルギー代謝は12%ダウン。エネルギー代謝とは、食物から摂った栄養を、酵素などの働きで運動や体温維持のための力に変えること。この力が低下すると、老廃物の排出もうまくいかなくなります。痩せにくいことの原因でもあり、さまざまな病気の原因にもなります」 体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウン。同じく免疫に関わる腸の働きも低下します。また、
ガン細胞は35度で最も増殖する性質があるとされています。そういったことから、低体温は、生活習慣病やアレルギー、うつ、ガンなど、さまざまな病気を引き起こすのだそうです。「体温を1度上げると、免疫力は一時的に5〜6倍アップ。心臓や脾臓など産熱量の多い臓器には、ガンはできないんです。身体を温め、平熱を上げることが健康維持につながります」
癌は、1pの大きさになるまでに10―15年かかります

癌は、体の細胞に異常が起き、がん細胞”ができることから始まります。がんが検査で発見できるようになる大きさは1pほど。がん細胞が増殖を繰り返し、1pの大きさになるまでに10―15年かかります。しかし、そこから急速に大きくなって、数年で命に関わる大きさに増殖します。 大きくなったがんは、周りの正常な細胞が必要とする栄養分を横取りしたり、臓器を破壊したりして、次々と体の機能に障害を起こして行きます。
がん細胞が増殖した後に起る、最も恐ろしいことは、がん患者さんの体の免疫力が無力化してしまうことです。具体的には、免疫を無力化する「免疫抑制細胞」をがん細胞の周囲に増えて行きます。
「免疫抑制細胞」は、名の通り、免疫が癌細胞を攻撃することを邪魔する「バリア」のようになり、免疫力が働きにくい免疫抑制状態になって、がん細胞が増殖して行きます
   アメリカでガンが減っています

1980年代になって欧米では代替医療が見直されるようになりました。アメリカでは1990年以降、ガンの死亡率が減少しています。一方日本では、ガン患者は増え続けています。
2013年のガンによる死亡者数は、1985年の約2倍で、国立がんセンターの予想では、2015年には日本国内のガン患者は2015年にがんで死亡した人は370,346人(男性219,508人、女性150,838人)。2013年に新たに診断されたがん(罹患全国推計値)は862,452例(男性498,720例、女性363,732例)男女とも、がんの死亡数は増加し続けています。
しかし、日本ではガン患者に対して未だ代替医療を推進するような動きは全くありません。旧態依然として、ガン治療においては、放射線治療と抗がん剤治療の2つの方法で治療が続けられています。
  癌細胞の「殺し屋」NK細胞を高めるFK−23

NK細胞は その名が示すとおり、生ぎれながらの「殺し屋」で、独自に体内を見回り、ウイルスやがん細胞 などの異常を発見するどすぐに攻撃する自然免疫の代表です。
NK細胞が活発に働けば手ごわい敵でも最初に排除だぎる数が増え、獲得免疫も機能しやすくなるので病気になりにくい、また治りやすいと考えられます。
NK細胞の活性値(NK活性)が免疫力の指標となっています。逆にNK活性の低い人は、風邪にかかりやすく治りにくい、感染症でのでの死亡率が高いといわれ、疫学的調査でも、NK活性の低い人は、癌になるリスタが高いというデータが得られています。
NK細胞低下の要因は、まずは加齢です。その次に腸内環境と代謝の悪化です。NK細胞の活性値は成長カーブと同様、子どもの頃は低く、次第に上昇Lて20 歳代がピ一ク、ぞの後は 次第に落ちていき、50歳頃かぢグッと下がっていきます
健康維持に必要な菌数は、1日1兆個と言われています。プロテサンは、100包と45包、8タイプになっています。主成分はどのタイプも同じで、無理のないタイプをお選びください。
カード決済の場合は、佐川急便発送になり、品物を受け取り時にカード決済してください
購入前にご相談ください。w-kyotomura@gaia.eonet.ne.jp
特定商取引法に基づく表記
癌細胞を滅ぼすクエン酸
癌を治す力は、医療やクスリが3、残りの7は・・・
はちみつウオーターの驚くべき効能
糖尿病予防改善食濃縮植物性シリカ
最高級ミネラル水
180種類の使い道・生活習慣が変わるカルマックス
動脈硬化を抑える濃縮乳酸菌 TOP PAG
インフルエンザ・感染予防・除菌器
遠赤外線ほかほかマット
腰痛の改善に高反発マットレス
岩盤浴が自宅できる敷きマット
花粉症を腸の免疫システムから変える乳酸菌サプリ
インフルエンザ対策
高分子コラーゲン
プロテサンの効能・効果
「希望の光」善玉ホルモン
癌の発症するのは
癌術後の予防食アシタバ
お腹の中から美肌を作り出すチサホワイト−
健康に良いミ ネラル水が家庭で作れる
膝・関節痛改善食・高分子コラーゲン
美肌サプリ・プロテサンスリーム
女性に優しい簡単ダイエット
ガン細胞が弱る天然のビタミンC
癌の一番嫌いなたべものニンジン1日1杯のニンジンジュースを飲みましょう
数量
数量
コラーゲンの研究者の榎木先生は、自らの末期の下咽頭癌を高分子コラーゲンコーヒーゼリーを摂って、末期癌を克服・高分子コラーゲンの有効性を証明されています
マウスを使った癌の研究で、通常のマウスに癌細胞を移植しますと・・・わずか2週間で全滅しました。
癌を植え付ける前に、コラーゲンを与えたマウスは、83%が生存し、再び癌細胞を植え付けても発症しないことが分りました。癌の発症や再発、転移を予防に期待できます
マウスを使った癌の実験
.
高分子コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させ、免疫機能を高めます。マクロファージはウイルスや細菌を丸ごと食べて処理してくれる免疫細胞で、コラーゲンを与えたマクロファージは、通常の100倍ものスピードでウイルスや細菌などを退治したという実験結果もあり、癌の再発や転移を抑えてくれます。
    濃縮乳酸菌でポリープが小さくなった

ガン検診を受け、異常が 見つかり、胃の3分の1を摘出しました。「転移していたら、膵臓まで摘出することになるだろう」と言われていましたが、胃を切っただけで済みました。
それから1年に2回、内視鏡で検査をしておりましたところ、今度は大腸にポリープが見つかりました。
身近かな方が「FK-23菌」を食べておられ、自分のポリープでも試してみようと思い食べ始めました。
「FK-23菌」 を徐々に飲む量を増やしますと、発見から4カ月後の検査でポリープが小さくなっていたのです。
病院の先生も「不思議だ、 小さくなるはずがない。しばらくこの写真を貸しててくれ」と首をかしげていました。
便が流れている大腸は、宿便もあり、ポリープやガン細胞が成長しやすい。つまり、身体に不利益なこと が起こりやすい場所です。ポリープは良性な腫瘍ということもあり、大きくなるのを待ってから摘出手術することもあるのですが、それが小さくなってしまったわけだから、医師も驚かれたのでしょう。
小さくなったポリープを切険して、その後の検診でも何の異常もなくポリープも出ません。
「FK-23菌」は、 毎朝起きてから食べています。そして大体40分ほどしてから 朝食をとっていますが、食欲もあるし、その後の便通もよく、元気で 暮らせるのは「FK-23菌」のお陰だと感謝しています。